【ヨツバサイクル新商品情報】リヤスプロケット16T/18T/20T 


走り方に合わせて選べます

ヨツバサイクル リヤスプロケット

標準は18T


3SP.jpg
左から16T(純正-2T)、18T(純正)、20T(純正+2T)




好評発売中のキッズバイク”ヨツバサイクル”では少しでも軽量化を図るため、徹底的にシンプルさを追及し変速機を採用しませんでした。しかし、自転車の使用方法は環境や使用するお子様のレベルによって様々です。

そこでヨツバサイクルでは様々な要求に答えるべくオプションのリヤスプロケットをご用意しました。



16T.jpg18T.jpg20T.jpg
左から16T(純正-2T)、18T(純正)、20T(純正+2T)



スプロケットは使用環境やお子様のレベルに合わせて3種類から選択できます。



『20T(純正+2T)』自転車乗り始めや坂の多い土地にピッタリ

20T_2.jpg

特徴
・ペダルの漕ぎ出しが軽くなりますが、スピードは出にくくなります。
・ペダルの漕ぎ始めでバランスが崩れにくくなるので、これから自転車に挑戦するお子様にオススメです。



『18T(純正)』ヨツバサイクル純正オールマイティサイズ

18T_2.jpg

特徴
・ヨツバサイクルに最初から取り付けてあるサイズです。
・オフロード走行を視野に入れ、一般的なキッズバイクより漕ぎ出しの軽さを優先した設定になっています。



『16T(純正-2T)』スピード重視で平地での使用が多い方にオススメ

16T_2.jpg

特徴
・スピードを出しやすくなりますが、漕ぎ出しが重くなります。
・比較的平地での使用が多い、自転車に乗りなれたお子様にオススメです。


商品詳細
商品名:リヤコグ16T/18T/20T
価格:各サイズ1,000円(税抜き)




そのスプロケットを交換する際はこちらの工具
UNIOR 『Universal sprocket remover for threaded hubs

UNIOR_1.jpg


使い方は簡単。スプロケットを挟み込んで回すだけ。
UNIOR_5.jpgUNIOR_6.jpg


商品詳細
商品名:UNIOR Universal sprocket remover for threaded hubs
価格:8,000円(税抜)



お買い求めはダートフリーク製品取扱店までお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

【末政実緒レースレポート】COUPE DU JAPON 深坂自然の森大会


COUPE DU JAPON 深坂自然の森大会 レースレポート

末政実緒 優勝&シリーズタイトル獲得

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK



*****
大会名: Cupe du Japon(CJ-1)深坂自然の森大会
開催地:山口県下関市深坂自然の森
開催日:2016年11月13日
順位:女子エリート1位
表彰

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント:SRAM XX1 EAGLE
ホイール:MAVIC CROSSMAX SL PRO
ヘルメット:KABUTO  Zenard
アイウェア:EV ZERO PATH (Photochromic lens)
ウェア:C3fit
サプリメント:MUSASHI NI, CHEN, REPLENISH(レース前)
ドリンク:MUSASHI REPLENISH

Coupe du Japon(CJ)シリーズのクロスカントリーも最終戦を迎えました。
最終戦は山口県下関市深坂自然の森で開催されました。
前回の富士見大会でシリーズタイトルが決まっていましたが、シーズン締めくくる最終戦なので気持ちを引き締めて挑みました。

深坂自然の森のキャンプ場内に作られた全長4.02kmコースは、長い登りはなく細かくアップダウンを繰り返し自分の持ち味のテクニックが生かされるレイアウトでした。
15085466_1114205062027376_7435532235048120830_n.jpg

正午過ぎから始まったレースは5周回で行われました。
スタートは予想通り同時スタートだったジュニアクラスの選手が勢いよく飛び出しました。
スタート後数百メートルはアスファルトの登りが続く為あまりペースを上げ過ぎないよう、抜きどころがなくなるシングルトラックまでに先頭に立てるよう心がけました。
アスファルトの後に続くシングルトラック前に予定通り先頭に立ち、シングルトラックで一気に差を付けて行こうとペースを上げました。
15027708_1114204752027407_2538576941358461332_n.jpg

下りは女子エリートの前にあったクラスでパンクや転倒が多かったので、いつも以上に丁寧に慎重に走りました。
一周目で差をある程度付けたいとハイペース気味でしたが、前半部分で後ろ30秒とコースサイドから声をかけてもらい少し落ち着きました。
しかし、落ち着いて走っているつもりでも、短い急斜面の登りが多いため知らず知らずに脚を使ってしまうコース。
2周目は少し1周目のハイペースが響き、しばらく苦しい時間が続き徐々にペースが落ちつつありましたが、後続選手との差は確実に付いていきました。
終盤に差し掛かると優勝を確信出来る差がつき、トラブルがないよう更に慎重に確実に走っていき、そのままトップを譲ることなくゴールし優勝しました。

1位 末政実緒
2位 小林可奈子
3位 橋口陽子

今までクロスカントリーのCJシリーズはスポット参戦だったので、今年は初めてシリーズタイトルを目標にシーズンを通しての参戦でした。
シーズンを通してモチベーションを維持することの難しさを痛感し、中盤2位が続きヒヤッとする場面もありましたが、無事にシリーズタイトルを獲得すること出来ました。
クロスカントリーを始めて今年で4年目、全日本、シリーズタイトルと国内タイトルを全て獲得しクロスカントリーのライダーとしても安定した一年となりました。
ここまで成長出来たのも、クロスカントリーでもダウンヒルと変わらずご支援していただけるスポンサーの方々のサポートあってこそです。
そして、応援してくださったいる全ての皆様のお気持ちが励みとなり、長かった今シーズンも乗り切ることが出来ました。

これで2016年シーズンの公式戦は無事終了しました。
応援ありがとうございました。

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK
末政実緒

関連記事

【商品情報】 UNIORマスターリンクプライヤー


12sでも使えます!

UNIORマスターリンクプライヤー

ファイル_000-(5)


EAGLE コンポーネントセットには12sの専用チェーンが採用されているのですが

そういえばマスターリンクプライヤーは使えたんだっけ?と思い確認をしてみました。


安心してください!つかえますよ! 


なんか古さを感じる言い回しですが、最新の12sチェーンにも使用できました。

あると便利な UNIORマスターリンクプライヤー

最新のMTBコンポーネントセット SRAM XX1 EAGLE

それぞれのページでも是非ご覧ください。

どちらもお買い求めはダートフリーク製品取扱い店までお願いいたします。


関連記事

【新商品情報】ヨツバサイクル


子供たちに自転車の楽しさを伝えたい

ヨツバサイクル

ついに入荷!


top12.jpg


弊社オリジナルのキッズ向けスポーツバイク「ヨツバサイクル」が入荷しました。

子供たちに自転車の楽しさを知って貰えるよう、こだわって造りましたので詳細をご紹介したいと思います。



『細かいサイズ設定』

サイズを12"/14"/16"/18"/20"と2インチ刻みで5サイズ設定しました。

これは非力な子供たちこそ体に合ったサイズを選ぶことで、上達も早く結果として自転車を楽しんで貰えると考えたからです。

size.jpg


トップチューブを低く設定することでオフロードでの足付き性が向上したり、サドルを下げられるので乗り始めの足が付かない不安を解消するメリットがあります。


toptube.jpg


子供たちはあっという間に成長してしまうので、親としては少しでも長く乗れるよう大きいサイズを選びがちですが、子供たちが自転車嫌いにならないよう是非ピッタリサイズを選んであげてください。



『適正サイズグリップ』

様々なキッズバイクを見てきましたが、そのほとんどは大人と同じ太さのグリップでした。

ヨツバサイクルでは手が小さく握力も少ない子供たちでもシッカリと握れるよう”極細直径23.5mm”のグリップを採用。合わせてハンドルバーも専用の極細タイプとなります。隣はSRAMグリップの中では細めなロッキンググリップ(直径30.3mm)です。

grip2.jpg
SRAMロッキンググリップφ30.3(白)/ヨツバグリップφ23.5(水色)

grip.jpglever.jpg

グリップが適性サイズになることでブレーキレバーの握りやすさも向上します。



『効くブレーキ』

”怖い”と思ったときに止まれなかったら自転車なんて嫌いになっちゃいます。

ヨツバサイクルでは少ない力で強力な制動力を発揮するVブレーキと小さな手でも握りやすい専用レバーを採用。

いつでも止まれる安心感を子供たちに提供します。

brake.jpg



『自分で起こせること』

自転車は転ぶ乗り物。転んでも自分で起こせることが大切です。同じ1kgでも大人と比べ力の無い子供たちには何倍も重く感じます。

ヨツバサイクルではフレームやフロントフォーク、その他の部品にも可能な限りアルミ製を採用することで非力な子供たちにも扱いやすい軽量なバイクに仕上げました。

DPP_0002-(2).jpgDPP_0006.jpg
DPP_0008.jpgDPP_0029.jpg


ちなみに実測重量ですが
ヨツバ12" = 6.78kg (ペダル付き)
ヨツバ14" = 7.30kg (ペダル付き)
ヨツバ16" = 7.42kg (ペダル付き)
ヨツバ18" = 7.93kg (ペダル付き)
ヨツバ20" = 8.65kg (ペダル付き)
です。



『カッコイイこと』

自転車は見た目も大切!

ヨツバサイクルでは子供たちが大好きなカラフルなフレームカラーに加え、ブラックリムやカラーグリップを採用しました。サドルも小型軽量なヨツバサイクルオリジナルのスポーティタイプを装着し、大人自転車顔負けのルックスを提供します。

DSC_0384加工



『マウンテンバイクであること』

ダートフリーク的にはここは譲れません。

動かない重いだけのサスペンションは必要ですか?

ヨツバサイクルでは全てのモデルに、クッション性が高い太さ2.125インチのブロックパターンタイヤや、踏み外しを防ぐ踏面の広いワイドタイプのペダル、低速でもバランスを保てる低めのギヤ比の採用で本格的なオフロード走行にも対応します。

oftire2.jpg


製品仕様

ヨツバ12" 対象年齢 2-3歳/対象身長 83~98cm/価格 26,000円(税抜)
ヨツバ14" 対象年齢 3-5歳/対象身長 92~107cm/価格 26,500円(税抜)
ヨツバ16" 対象年齢 3-6歳/対象身長 98~119cm/価格 27,000円(税抜)
ヨツバ18" 対象年齢 5-8歳/対象身長 103~125cm/価格 27,500円(税抜)
ヨツバ20" 対象年齢 6-9歳/対象身長 111~140cm/価格 28,000円(税抜)

カラー:ラムネブルー、ヒーローレッド、プラムピンク(全サイズ)

yb12cyan_org.jpgyb12redblue.jpgyb12pink.jpg

左からラムネブルー、ヒーローレッド、プラムピンク


付属品:ペダル、補助輪(12"-16"のみ)、反射板、ベル、組立用工具、タッチアップペン



いかがでしたでしょう?今ならクリスマスプレゼントに間に合いますよ!


商品の詳細はヨツバサイクルホームページをご覧ください。


お買い求めはダートフリーク製品取扱店までお願いします。



続きを読む
関連記事

新型SIDは ロゴも、中身も新しくなりました。


   【新製品情報】 ROCKSHOX SID 2017モデル デリバリー開始!

ファイル_002-(3)


先日の末政選手のバイク紹介記事でもご紹介致しましたROCKSHOX が誇るXC-RACEフロントサスペンション【SID】が2017年モデルでフルモデルチェンジをしました。 
2017モデルより新しく搭載された、新型チャージャーダンパーはクロスカントリーレース向けにチューニングされスムーズで無駄のない作動性能と幅広い調整範囲を獲得。
さらに強化されたロックアウトがダンシング時の無駄な動きを制限します。 

新型SIDは誰よりも早くゴールを駆け抜けるライダーをサポートします!

WHTWC.jpg

【SID World Cup - Solo Air】 White

WC(ワールドカップ)グレードにのみ用意された、白いアウター仕様のSID。 
新型チャージャーダンパーとカーボンコラムを採用したROCKSHOX最軽量フロントフォークの重量はなんと!驚異の1,366g。 15㎜スルーアクスルはRS1やPIKEでその使用感を実証した、レバー位置を調整可能な【Maxle Ultimate】(マクスルアルティメイト)を採用。

DFBWC.jpg

【SID WC - Solo Air】 Diffusion Black

2017年のWCグレードにはもう1色カラーモデルを用意しました。
それがこちらの【Diffusion Black】(デヒュージョンブラック) つや消しブラック。 
デカールもステルスカラー仕様を採用しており、メチャクチャ渋いカラーリングとなっています。
上記写真はチャージャーダンパーのRmt(リモート)仕様。ハンドルから手を離すことなく、手元でのロックアウト操作が可能です。リモートレバーは新型の【One-Loc】レバーが付属します。

DFB1.jpg

【SID RLC - Solo Air】

通常のアルミコラム仕様にチャージャーダンパーを搭載した【RLC】グレードに採用されたカラーリングは【Diffusion Black】(デヒュージョンブラック) つや消しブラックに白いロゴデカールの仕様。 アルミコラム仕様でも十分な軽さ1,530gを誇ります。
RLCグレードもWC同様スルーアクスルには【Maxle Ultimate】(マクスルアルティメイト)を採用し、リモート仕様も設定されています。

ファイル_001-(6)

WCとRLCのRmt(リモート付属)のモデルには、左右に装着が可能な新型のリモートレバー【One-Loc】が付属。

ファイル_000-(5)

全てのSIDフロントフォークにはステルス仕様のデカールキットとトークンが付属。
※WCは右下のカーボンコラム用のアンカーボルトキットが、RLCにはSナットがそれぞれ付属。

sid価格表

チャージャーダンパー搭載モデルの新型SIDのラインナップ一覧です。
 
※26インチ仕様は2016年モデルが継続販売になります。

27.5インチ、29インチ、それぞれにBoost規格もラインナップされており、こちらも今後入荷予定となっております。
新しく生まれ変わり、多様化する用途にも合わせれるよう充実したラインナップとなっております!
来シーズンのレースに向けて、最軽量のXCレース専用フロントフォークは如何でしょうか?

ご購入はお近くの販売店様へご依頼ください。

関連記事
アクセスカウンター
Facebook
twitter