スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【安達靖 レースレポート】第29回全日本マウンテンバイク選手権大会


第29回全日本マウンテンバイク選手権大会 レースレポート

安達 靖 15位

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK


前回同コースで開催されたCJシリーズの27位という結果を受け、バイクセッティングを大幅に見直し迎えた全日本選手権。復調の気配は見られるものの、苦手なコースコンディションも重なり15位という結果に終わりました。バイク、ライダーともポテンシャルは高いのでお互いが上手くかみ合うよう、更にセッティングを煮詰め今期中の勝利を目指します。



2016adachi01 (2)
photo : K.Nakamura


***********
<レースレポート> 
2016年7月16日 全日本選手権 長野県 富士見パノラマリゾート

天候 曇り
路面 ウェット

予選17位
決勝15位

<バイク>
フレーム: COMMENCAL SUPREME V4
フォーク:ROCKSHOX BOXXER WC
コンポーネント: SRAM X01DH
ホイール: MAVIC DEEMAX ULTIMATE 27.5
ヘルメット: FOX Rampage Comp
アイウェア: FOX AIRSPACE
ウェア: FOX FLEX AIR



DSC_0338.jpg



公式練習
今回コースは新設区間が多目に設定され、新鮮なレイアウトとなっていた。
前日の雨の影響で全体的にマッドコンディション。
特に新設区間は路面が軟らかく迷わずマッドタイヤをチョイスした。
天候の回復に伴い路面は次第に良くなり、タイヤカットにて対応する。

タイムドセッション
全体的にリズムを掴めず、また練習時に通しての走行が出来なかったため、様子見でのアタックとなった。
一箇所ラインに乗れずにコースアウト。
23位。



DSC_0510.jpg



決勝日
天候は曇りだが、試走前に降雨があり回復しかけていたコースコンディションは再びウェットとなってしまった。
ラインの最終チェックを行い、試走3本目にようやく1本通しての走行が出来た。

予選 
第一シングル区間でつまづきペースが上がらず、そのままリズムを掴めずゴール。
17位。

決勝
コースコンディションはそれほど回復しないまま決勝を迎えた。
予選でミスした第一シングルはスムーズにクリアしたが、後半若干ミス。
最後まで硬く滑る路面を攻略出来ないままゴールとなった。
予選から3秒アップはしたが、最終リザルト15位で終えた。



2016adachi01 (1)
photo : K.Nakamura



昨年の様な超マッドコンディションを期待したが、そこまでの悪化は無く通常のマッドでのレースとなった。
練習時より、新設区間をうまく繋げる事が出来ないまま決勝を迎えてしまい、
特に硬く滑りやすい路面での苦手意識が最後まで払拭出来なかった。
さらにセッティングを煮詰めて次に繋げて行きたい。

ありがとうございました。

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK 安達 靖
関連記事
スポンサーサイト

【末政実緒 レースレポート】第29回全日本マウンテンバイク選手権大会


第29回全日本マウンテンバイク選手権大会 レースレポート

『17 + 2』

ダウンヒル17連覇、クロスカントリー2連覇達成!




miowwin.jpg
ダウンヒル、クロスカントリー2つのゴールドメダルを獲得


ダウンヒルの連覇に加え、クロスカントリーの連覇にも挑戦することになった2016年の全日本マウンテンバイク選手権大会。

昨年のダブルタイトル獲得から1年、末政実緒はダウンヒルのみならず、クロスカントリーにも余裕を持って臨めるまでに成長しました。

雨が時折降るという不安定な天候、ダウンヒルとクロスカントリーの両立という困難な状況にも関わらず圧巻のレース運びを見せ、見事2年連続2度目のダブルタイトルを獲得。

ダウンヒル17連覇、クロスカントリー2連覇を達成しました!


miobike.jpg
チャンピオンゼッケン”1”にのみ与えられたゴールドプレート



*****
大会名:第29回全日本選手権大会
開催地:長野県富士見パノラマスキー場
開催日:2016年7月16,17日
順位: DH女子エリート1位、XC女子エリート1位

昨年に引き続き、全日本選手権ダウンヒル、クロスカントリー大会は長野県富士見パノラマスキー場で開催されました。

<ダウンヒル>
フレーム: COMMENCAL SUPREME V4
フォーク:ROCKSHOX BOXXER WC
コンポーネント: SRAM X01DH
ホイール: MAVIC DEEMAX ULTIMATE 27.5
ヘルメット: KABUTO IXA-C
アイウェア: OAKLEY O2 MX
ウェア: FOX
レース前サプリメント:MUSASHI CHEN
レース後サプリメント:MUSASHI NI, KUAN


miodh1.jpg
末政選手と相性がピッタリなCOMMENCAL SUPREME V4



7月16日、全日本選手権大会1日目はダウンヒルが開催。
梅雨真っ只中ということもあり、前日の雨や雨が降ったり晴れたりとコロコロ変わるお天気で路面は滑りやすく難しいコンディションでした。

コースは常設のAコース中間から下部を中心に所々新設区間が設けられて、縦の動きが多く得意なレイアウトということもあり、良い感触でレース日を迎えました。

レース当日、朝から小雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気。路面はツルツルから少し重い泥へと変わり、一瞬昨年の大荒れのレースを思い出しましたが、なんとかコンディションは一定の状態で保たれました。



miodh4.jpg
限られた時間のなかコースを入念にチェック



・予選
決勝に向けての路面状況、最終ライン確認をしながら走って行きました。
滑りやすく思ったラインに入れないところもありましたが、上手くリカバリーが出来てロスなくこなせ予選1位で通過しました。

1位末政実緒
2位富田敬子
3位中川弘佳


miodh5.jpg
男子エリートのトップライダーも苦戦するオフキャンバーを楽しんで走ってます



・決勝
予選から少し時間があき、その間多くのクラスのレースが行われていた為路面状況は気になりましたが、予選よりペースを上げてスタートしました。

思いのほか路面は乾いておらず、少し走りが乱れる場面がありましたが、終始攻めの走りをすることが出来て予選よりタイムを上げ優勝。

無事に17連覇を達成することが出来ました。

1位末政実緒
2位中川弘佳
3位富田敬子


mio01katsuya.jpg
霧雨を切り裂いて飛び出す
photo : K.Nakamura



DSC_04021.jpg
全日本ダウンヒルチャンピオンズ と SLm中川さん






<クロスカントリー>

フレーム:LITEC HASSO T-29
フォーク:ROCKSHOX SID WC RCT3
コンポーネント:SRAM XX1
シートポスト:ROCKSHOX Reverb
ホイール:MAVIC CROSSMAX SL PRO
ヘルメット:KABUTO  Zenard
アイウェア:RADAR EV(PRIZM Trail lens)
ウェア:C3fit
レース日当日サプリメント:MUSASHI ENDURANCE, NI, CHEN, REPLENISH
ドリンク:MUSASHI REPLENISH


hassot29.jpg
チタンフレームにドロッパーポストと末政選手独特なセッティングを施すLITEC HASSO T-29


7月17日全日本選手権大会2日目、ダウンヒルの翌日はクロスカントリーが行われました。
今回は試走のタイミングが難しく、ダウンヒルの試走日、レース当日の朝にダウンヒルのアップがてらゆっくり一周ずつコースチェックするのみとなりました。


mioxc2.jpg
限られた時間のなかコースを入念にチェック、サドルはペタペタ



レースは全長4.6kmを4周回+スタートループ2.79kmで行われました。
今回スタートループの前半は長い登りだったので、あまりスタートでペースを上げ過ぎないよう気をつけました。



DSC_0347.jpg
スタート直前の緊張感が最高潮に達する瞬間



スタートはいつも通り、まずは自然と前に出る形となりましたが、毎回ジュニアやアンダーの若手選手がグッと前に来ることが多いので、今回は更に踏み込む事をせず一歩引き、自分のペースで走り最初のシングルトラックで先頭に出て進んで行きました。



mio02katsuya.jpg
どんな状況でも果敢に攻める!もちろんサドルはペタペタ
photo : K.Nakamura



スタートループから徐々に2分前にスタートしたマスタークラスの選手が見え、一周目は追いつく事が多くなかなかパスするのが出来ずにパックで走っていると、徐々に女子の後続が近づいて来ていることに気づき、下りなどで前に出たりしてペースを上げました。

2周目以降は徐々に一人で走れる区間が多くなり自分のペースで走れ、徐々に後続選手とのタイム差を開けることが出来ました。

最終ラップの頃には後続と2分差と聞き、最終ラップは丁寧に走り1位でゴールし、クロスカントリーでも2連覇を達成することが出来ました。

1位末政実緒
2位武田和佳
3位小林可奈子


mioxc4.jpg



両種目優勝から一年、今年は両種目連覇という新たな課題で緊張、不安色々ありましたが、今年はどこか気持ちに余裕があり上手く両立出来たように思います。

もちろん、これも多くの方に助けて頂いたからこそ気持ちに余裕が生まれ、身体も機材も万全の体制で挑むことが出来ました。

また新たな気持ちで全日本チャンピオンとして恥じない走りをしたいと思います。


mioxc5.jpg


たくさんの応援ありがとうございました!

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK
末政実緒


続きを読む
関連記事

【末政実緒レースレポート】2016 UCI マウンテンバイク世界選手権


2016 UCI マウンテンバイク世界選手権 レースレポート

末政実緒 53位

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK


オリンピックの関係で少し早めに開催されたクロスカントリーの世界選手権に末政実緒選手が参戦しました。目標としていたクロスカントリーの完走はメカトラブルもあり達成できませんでしたが、来週の全日本選手権に向けて良い調整が出来たようです。

*****
大会名: UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIP
開催地:ノヴェ・メスト、チェコ共和国
開催日:2016年6月30日〜7月3日
順位:チームリレー16位、XCO50位(ー2lap)

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント:SRAM XX1
ホイール:MAVIC CROSSMAX SL PRO
ヘルメット:KABUTO  Zenard
アイウェア:OAKLEY RADAR EV Clear Lens(チームリレー)、PRIZM Trail lens(クロスカントリー)
サプリメント:MUSASHI NI, CHEN, REPLENISH(レース前)
ドリンク:MUSASHI REPLENISH


2mio201607.jpg


2016年の世界選手権はチェコ共和国のノヴェ・メストで開催されました。

今年はオリンピックイヤーなのでクロスカントリーとダウンヒルは別開催となり、そして時期も例年より早く行われました。

会場となったノヴェ・メストはワールドカップの定番コースで2年前のワールドカップに出場し今回2回目でした。

冬場はクロスカントリースキーやバイアスロンが開催される会場はスキー場のような山ではなく、森の中を縦横にアップダウンを繰り返すコースレイアウト、そして人工的に作られた岩場のセクションでは観客席があったりなど、自然の中に人工セクションが上手く組み合わさり、マウンテンバイクを観戦する文化が根付いたヨーロッパらしい雰囲気、会場でした。


<6月30日チームリレー>
クロスカントリー(XCO)の各カテゴリーのレースが始まる前に、世界選手権のみ種目のあるチームリレーが行われました。
チームリレーは各国4名、男子3選手を各カテゴリーから、女子1選手を各カテゴリー、合計4選手が1周ずつ走りバトンタッチして競います。

日本チームは第1走者エリート男子の山本幸平選手、第2走者が女子エリートの私、第3走者にジュニア男子江越昇也選手、アンカーにU23の平林安里選手というチーム構成で挑みました。

第1走者の山本選手が7番手と好位置で帰ってきバトンタッチしスタートしましたが、日本チーム以外は第2走者に男子選手を選んでおり、日本チームだけが第2走者が女子になってしまい、必死に走るものの大きく順位を落とし、そしてレース前に降った雨で悪化した路面に思うように走れず悪戦苦闘してしまいました。
その後、第3走者、アンカー両選手が差を縮め前を走るポーランドチームに近づくも、一歩及ばす16位でゴールしました。

1位 フランス
2位 チェコ共和国
3位 スイス
16位 日本



<7月2日クロスカントリー>
チームリレーの2日後、クロスカントリー女子エリートが行われました。
現地入りして3、4日はまだ時差の影響や移動時の疲れが多少残っていましたが、クロスカントリー決勝日には解消され、そして日本チームのスタッフの方々の手厚いケアのおかげで良い状態で決勝を迎えることが出来ました。
女子エリートはスタートループ+5周回で行われました。

スタートループはアスファルト、道幅の広いダブルトラックの林道でハイスピードな展開となりました。
しかし、本コースに入ると斜度のある登りが多く、ギア比を登りに合わせいてハイスピードなスタートには対応が難しい為、監督のアドバイスで周りのスピードに囚われずスタートはある程度自分のペースを保ち、徐々にペースアップを意識し走りました。

スタートループでは出遅れるも渋滞で集団には追いつくことは出来ましたが、やはりフラットな区間で周りのペースについて行こうとするも、追いつけず自分の限界も越えてしまい苦しい時間が長く続きました。

2周回目に入ると徐々に少し呼吸が安定し、前の選手に徐々に追いつき追い越し順位を上げていくも、チャーントラブルを2度起こしてしまい順位を落としてしまい、先頭にラップアウトされ−2lap53位でレースを終えました。

ハイスピードなコースレイアウトに高強度のインターバルの繰り返し、日本のクロスカントリーとは別競技ではないかと思うほどのレースに対応出来ず、おまけに疲労、焦りから普段日本では起こることのないメカトラブルを起こしてしまい、苦い経験となってしまいましたが、高いレベルの中で自分の限界を超えて走ることでまた成長出来ると思います。

来週に迫った全日本選手権はダウンヒル、クロスカントリーのダブルエントリーでまた違った環境での戦いになりますが、しっかりコンディションを整えダブルタイトル連覇を決めたいと思います。

1位 LANGVAD Annika
2位 DAVISON Lea
3位 BATTY Emily
53位 末政実緒

応援ありがとうございました。
末政実緒

続きを読む
関連記事

【新製品情報】 BABY IN CAR


パパダウンヒラーならこれでしょう?

BABY IN CAR オフロードバージョン

CHILDもあるよ




ふら~っと弊社併設のオフロードバイク用品販売店「DIRTBIKE PLUS」に行ってみると、面白い商品を発見しました。


20160611_061753827_iOS.jpg

オフロードバージョンの「BABY IN CAR」ステッカーと「CHILD IN CAR」ステッカーです。



「BABY IN CAR」

baby_in_car_re.jpg
baby_in_car_bl.jpgbaby_in_car_gr.jpgbaby_in_car_ye.jpgbaby_in_car_or.jpg
フルフェイスヘルメットにオムツの組み合わせがかわいいですね!




「CHILD IN CAR」

child_in_car_gr.jpg
child_in_car_re.jpgchild_in_car_bl.jpgchild_in_car_ye.jpgchild_in_car_or.jpg
オマルにまたがってます(笑)




実際に貼ってみるとこんな感じです。
baby_in_car_detail01.jpg
BABY IN CAR オレンジ


それぞれレッド、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジの5色のカラーからお選びいただけます。


「BABY IN CAR」
レッド DB50-0501
ブルー DB50-0502
イエロー DB50-0503
グリーン DB50-0504
オレンジ DB50-0505

「CHILD IN CAR」
レッド DB50-0511
ブルー DB50-0512
イエロー DB50-0513
グリーン DB50-0514
オレンジ DB50-0515

価格は1枚 980円(税別)です。

※黒い部分は台紙になりますので、ステッカーには含まれていません。


お求めはお近くのダートフリーク商品取扱店までお願いします。
関連記事

【新製品情報】 UNIOR ADVANCE TOOL SET


セルフメンテナンスしませんか?

UNIOR ADVANCE TOOL SET

良いバイクには良い工具を


IMG_3642b.jpg



セルフメンテナンスのススメ


基本的なバイク整備に必要な工具をひとまとめにした、これからメンテナンスを始めたいライダーに最適なツールセットのご紹介です。

セルフメンテナンスをすることでバイクの知識が豊かになり、自分に合った機材を見つけやすくなったり、走行中のトラブルにも対応しやすくなったりと数多くのメリットがあります。

メンテナンスにに不慣れな初心者こそ、高品質なツールを使うことで不用意なトラブルを未然に防ぎます。ボルトを1本締めただけで分かるその品質は、メンテナンスの効率と正確性を大幅に向上させ、ストレスフリーな作業を実現します。





セット内容


タイヤレバー
一部ユーザーの間で話題のタイヤレバー。樹脂製で軽量ながらシナリを最小限に抑えました。
ビードを起こした状態で保持できるスポークフック付き。2本セット

IMG_4181.jpg



ペダル関係
・ペダルレンチ 15 x 15mm
オーソドックスな15mm用の両口タイプのペダルレンチ。クロームバナジウム製。

・グリップ付きHEXレンチ(ボールエンド)6mm
・グリップ付きHEXレンチ(ボールエンド)8mm
スポーツタイプのペダルに多く採用されているHEXタイプのペダル脱着に最適。
力の入れやすいグリップ付き。グリップ側にはボールエンドを採用。

IMG_4182.jpg



カセットスプロケット関係
・スプロケットリムーバー (マルチスピード)
カセットスプロケットを取り外す際にフリーホイールを固定。マルチスピード用。
フックレンチ付き。チェーンはSRAM製を採用。

・フリーホイールリムーバー (SRAM/Shimano)
SRAMやシマノ製フリーホイールを取り外す際に使用する。

・21mmコンビネーションレンチ
フリーホイールリムーバーと組み合わせて使用。
大きな力の掛けられるメガネレンチと早回しに適したオープンエンドスパナレンチの組み合わせ。

IMG_4183.jpg



・BBレンチ(GXP)
ねじ切りタイプのボトムブラケット用レンチ。センターロックディスクナットにも使用可能。

IMG_4184.jpg



・ワイヤーカッター
ブレーキやシフターのワイヤーカットに最適。ワイヤーエンドのカシメもできる。
収納時にかさ張らなく握れば自動開放する保持機能付き。
プロメカニックのハードな使用にもビクともしないヘビーデューティー仕様。
グリップにはオイルが付着しても滑り難いデュアルコンパウンドを採用。

IMG_4185.jpg



・チェーンツール ベーシック
小型軽量で小さな手にも馴染みやすいチェーンツール。
チェーンのカットやコネクトピンの圧入に使用。

IMG_4186.jpg



・マルチスポークレンチ (3.3/3.7/4.4/3.45/4.0/5.0)
ニップルの二面幅が3.3/3.45/3.7/3.96/4.4/5.0mmに対応。
耐久性の高いスチール製

IMG_4188.jpgIMG_4187.jpg



・プラスドライバー NO.2 x 150mm

・マイナスドライバー 2.5 x 125mm
手に馴染じむエルゴノミックシェイプとオイルの付着にも滑り難いデュアルコンパウンドを採用。
先端のブレードには高い耐久性を誇るクロームバナジウムモリブデニウム鋼を採用しスクリューヘッドに喰らいつく。

IMG_4189.jpg



トルクスレンチ関係
・Y型トルクスレンチ T10/T15/T25
SRAMコンポーネントに多く採用されるトルクスヘッド対応のY型トルクスレンチ。
力が入れやすく滑り難い樹脂性ハンドル採用。


・L型トルクスレンチ T10
・L型トルクスレンチ T25
狭い場所でも確実に作業が出来る小型軽量なトルクスレンチ。
サドルバックに入れておけば出先での作業やトラブルにも対応。

IMG_4190.jpg



・オープンリングレンチ 8 x 10mm
油圧ブレーキのフレアナットの締緩作業を確実にすると同時に作業効率を大幅に向上。
通常の8/10mmヘッドのボルト・ナットにも使用可能。

IMG_4191.jpg



・クランクアームキャップツール
シマノ製クランクに採用されるクランクアームキャップの着脱に使用。
耐久性の高いアルミ製。紛失しづらく工具箱等に取り付け可能なマグネット付き。

20160609_035105868_iOS.jpg20160609_035117306_iOS.jpg



HEXレンチ関係
・TハンドルHEXレンチ 4mm
・TハンドルHEXレンチ 5mm
・TハンドルHEXレンチ 6mm

使用頻度の高い4、5、6mmは作業性が高く力の掛けやすいTハンドルタイプでプロメカニックに高評なボールエンドでは無いタイプを選びました。

・Y型HEXレンチ 2mm/2.5mm/3mm
使用頻度の低い2、2.5、3mmは握りやすく使い勝手の良いY型ハンドルタイプを採用。

IMG_4194.jpg



・UNIOR ツールボックス
丈夫で軽量なプラスチック製ツールボックス。上蓋には小物の整理に便利な収納スペースを二ヵ所装備、内部にはインナートレーが付属しています。大容量タイプの採用で工具が増えても安心です。

^C2202B88178A54D0DBB77946B82E976D946BA27D2DCD7B7939^pimgpsh_fullsize_distrDPP_0002.jpg



大切な愛車のメンテナンスは、高品質なUNIOR TOOLSがオススメです。

単品で揃えるよりも、かなりお得なセット価格となっておりますので、是非この機会にお買い求めください。



価格:30,000円(税別)


お求めはお近くのダートフリーク商品取扱店までお願いします。

関連記事
アクセスカウンター
Facebook
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。