【安達靖 レースレポート】第29回全日本マウンテンバイク選手権大会


第29回全日本マウンテンバイク選手権大会 レースレポート

安達 靖 15位

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK


前回同コースで開催されたCJシリーズの27位という結果を受け、バイクセッティングを大幅に見直し迎えた全日本選手権。復調の気配は見られるものの、苦手なコースコンディションも重なり15位という結果に終わりました。バイク、ライダーともポテンシャルは高いのでお互いが上手くかみ合うよう、更にセッティングを煮詰め今期中の勝利を目指します。



2016adachi01 (2)
photo : K.Nakamura


***********
<レースレポート> 
2016年7月16日 全日本選手権 長野県 富士見パノラマリゾート

天候 曇り
路面 ウェット

予選17位
決勝15位

<バイク>
フレーム: COMMENCAL SUPREME V4
フォーク:ROCKSHOX BOXXER WC
コンポーネント: SRAM X01DH
ホイール: MAVIC DEEMAX ULTIMATE 27.5
ヘルメット: FOX Rampage Comp
アイウェア: FOX AIRSPACE
ウェア: FOX FLEX AIR



DSC_0338.jpg



公式練習
今回コースは新設区間が多目に設定され、新鮮なレイアウトとなっていた。
前日の雨の影響で全体的にマッドコンディション。
特に新設区間は路面が軟らかく迷わずマッドタイヤをチョイスした。
天候の回復に伴い路面は次第に良くなり、タイヤカットにて対応する。

タイムドセッション
全体的にリズムを掴めず、また練習時に通しての走行が出来なかったため、様子見でのアタックとなった。
一箇所ラインに乗れずにコースアウト。
23位。



DSC_0510.jpg



決勝日
天候は曇りだが、試走前に降雨があり回復しかけていたコースコンディションは再びウェットとなってしまった。
ラインの最終チェックを行い、試走3本目にようやく1本通しての走行が出来た。

予選 
第一シングル区間でつまづきペースが上がらず、そのままリズムを掴めずゴール。
17位。

決勝
コースコンディションはそれほど回復しないまま決勝を迎えた。
予選でミスした第一シングルはスムーズにクリアしたが、後半若干ミス。
最後まで硬く滑る路面を攻略出来ないままゴールとなった。
予選から3秒アップはしたが、最終リザルト15位で終えた。



2016adachi01 (1)
photo : K.Nakamura



昨年の様な超マッドコンディションを期待したが、そこまでの悪化は無く通常のマッドでのレースとなった。
練習時より、新設区間をうまく繋げる事が出来ないまま決勝を迎えてしまい、
特に硬く滑りやすい路面での苦手意識が最後まで払拭出来なかった。
さらにセッティングを煮詰めて次に繋げて行きたい。

ありがとうございました。

SRAM/LITEC/PRIVATE PARK 安達 靖
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

アクセスカウンター
Facebook
twitter