新型SIDは ロゴも、中身も新しくなりました。


   【新製品情報】 ROCKSHOX SID 2017モデル デリバリー開始!

ファイル_002-(3)


先日の末政選手のバイク紹介記事でもご紹介致しましたROCKSHOX が誇るXC-RACEフロントサスペンション【SID】が2017年モデルでフルモデルチェンジをしました。 
2017モデルより新しく搭載された、新型チャージャーダンパーはクロスカントリーレース向けにチューニングされスムーズで無駄のない作動性能と幅広い調整範囲を獲得。
さらに強化されたロックアウトがダンシング時の無駄な動きを制限します。 

新型SIDは誰よりも早くゴールを駆け抜けるライダーをサポートします!

WHTWC.jpg

【SID World Cup - Solo Air】 White

WC(ワールドカップ)グレードにのみ用意された、白いアウター仕様のSID。 
新型チャージャーダンパーとカーボンコラムを採用したROCKSHOX最軽量フロントフォークの重量はなんと!驚異の1,366g。 15㎜スルーアクスルはRS1やPIKEでその使用感を実証した、レバー位置を調整可能な【Maxle Ultimate】(マクスルアルティメイト)を採用。

DFBWC.jpg

【SID WC - Solo Air】 Diffusion Black

2017年のWCグレードにはもう1色カラーモデルを用意しました。
それがこちらの【Diffusion Black】(デヒュージョンブラック) つや消しブラック。 
デカールもステルスカラー仕様を採用しており、メチャクチャ渋いカラーリングとなっています。
上記写真はチャージャーダンパーのRmt(リモート)仕様。ハンドルから手を離すことなく、手元でのロックアウト操作が可能です。リモートレバーは新型の【One-Loc】レバーが付属します。

DFB1.jpg

【SID RLC - Solo Air】

通常のアルミコラム仕様にチャージャーダンパーを搭載した【RLC】グレードに採用されたカラーリングは【Diffusion Black】(デヒュージョンブラック) つや消しブラックに白いロゴデカールの仕様。 アルミコラム仕様でも十分な軽さ1,530gを誇ります。
RLCグレードもWC同様スルーアクスルには【Maxle Ultimate】(マクスルアルティメイト)を採用し、リモート仕様も設定されています。

ファイル_001-(6)

WCとRLCのRmt(リモート付属)のモデルには、左右に装着が可能な新型のリモートレバー【One-Loc】が付属。

ファイル_000-(5)

全てのSIDフロントフォークにはステルス仕様のデカールキットとトークンが付属。
※WCは右下のカーボンコラム用のアンカーボルトキットが、RLCにはSナットがそれぞれ付属。

sid価格表

チャージャーダンパー搭載モデルの新型SIDのラインナップ一覧です。
 
※26インチ仕様は2016年モデルが継続販売になります。

27.5インチ、29インチ、それぞれにBoost規格もラインナップされており、こちらも今後入荷予定となっております。
新しく生まれ変わり、多様化する用途にも合わせれるよう充実したラインナップとなっております!
来シーズンのレースに向けて、最軽量のXCレース専用フロントフォークは如何でしょうか?

ご購入はお近くの販売店様へご依頼ください。

スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

アクセスカウンター
Facebook
twitter