スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新製品情報】 アイデア携帯工具のご紹介


携帯できる カセットリムーブレンチ

『UNIOR ポケットスポークレンチ』


DSC_01881.jpg


これ、何だか分かりますか?実はカセットスプロケットの取付け/取外しが出来る"UNIOR ポケットスポークレンチ"です。名前が紛らわしいですね(笑)。もちろん名前の通りスポークレンチとしても使用できます。

カセットスプロケットを外すには、通常2-3種類の工具が必要で工具自体も重くて大きいので持ち歩くにはちょっと・・・。前回のブログ参照

しかし、"UNIOR ポケットスポークレンチ"であれば12.5gと軽量、コンパクト(32×36.5×11.5mm)なのでサドルバックに入れても邪魔にはなりません。価格も800円(税抜き)とリーズナブル!

DSC_0186.jpg

通常の整備での使用はもちろんのこと、走行中のトラブルでカセットスプロケットとスポーク間にチェーンが挟まってしまった場合でも、このツールがひとつあればスポークやチェーン等を損傷させることなく対処できます。





作業手順(例)

『取外し』

1,リヤホイールのクイックリリースを緩めホイールをフレームから外す(画像参照)。
DSC_0190.jpg



2,カセットスプロケットのロックリングに"UNIOR ポケットスポークレンチ"をセットする。
DSC_0193.jpg



3,その状態のホイールをフレームにセットしクイックリリースを締めこむ。
DSC_0197.jpg


4,ペダルを踏み込む方向に回転させればロックリングが緩みます。



『取付け』

"UNIOR ポケットスポークレンチ"を上記と同様にセットしリヤホイールを進行方向に回転させればOKです。
※締めこみ過ぎにはご注意ください。


使い方には少々コツが必要ですが、一度経験すれば二度目からは難無く使いこなせると思います。


注意事項
・フレームやハブの形状により使用できない場合が有りますのでご了承ください。
※ハブシャフト径がφ19.4以上の物には使用できません。
・カセットスプロケットのロックナットが規定トルク以上で締め付けられている場合、取外す際にディレーラーハンガーが破損する恐れがあります。


お買い求めはお近くのダートフリーク製品販売店へお問い合わせください。
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

アクセスカウンター
Facebook
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。