FC2ブログ

DIRTFREAK/CYCLE BLOG

ダートフリーク サイクル事業部から商品の最新情報やレースレポートなどをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新商品情報】 DVD 「ARRIVAL」アライバル・・・

話題のMTBムービー最新作「ARRIVAL」が入荷しました。

まずはサンプルムービーをご覧ください。

まあ、とにかくカッコイイですよね。

『メーカー説明』
2011年に発表、大好評を得た「FROM THE INSIDE OUT」から約2年、Costal CrewがAnthill Filmsのサポートを受け、2ND BASE FILMSの制作よりリリースするMTBムービー。フリーライディングやレースの有望なアップカマーたちをメインにフィーチャーし、彼らのライディングはもちろん、オフショットや普段のライフスタイルにもフォーカスを当てながら、それぞれのライダーの個性を非常にうまく表現をした作品になっている。ライディングの上手さはもちろん、ライディングのスタイルの格好良さに目が離せなくなってしまう。DVDとブルーレイのセットで、ともに本編のみ日本語字幕版。

MTBに乗りたくても寒くて・・・って方のイメージトレーニングにいかがでしょう?

DVD,ブルーレイ2枚組みで4,450円(税抜き)での販売となります。

今なら即納です!ぜひお近くのダートフリーク製品販売店へお問い合わせください。

【新商品情報】 2014年 ダートフリーク サイクル カタログ

まもなく完成!


2014年 ダートフリーク サイクル カタログ Vol.2がまもなく完成します。

DSC_0066.jpg



今号には新規取扱メーカーが幾つか掲載されています。


『UNIOR』(ユニオール)
DSC_0069.jpg

スロベニアの総合工具メーカーで、2014年ワールドカップ女子クロスカントリーチャンピオンを獲得した"Tanja Zakelj"を要するUNIOR TOOLS TEAMからのフィードバックを活かし、より安全で効率の良い作業をサポートするための商品を提供。他社には無い独自のアイデア工具が注目です。また、品質に関してもSRAMヨーロッパで採用されていますので安心してお使い頂けます。


『CROPS』&『IRC TIRE』
DSC_0070.jpg

『CROPS』
サイクルロックやライト等の自転車関連アクセサリーを独自のアイデアを盛り込んで開発、販売する日本のメーカーです。

『IRC TIRE』
日本のタイヤメーカーでレース用からママチャリのタイヤまで幅広い商品展開をしています。
以前から取り扱いはありますが、今回カタログ初登場です。
 
どちらも日本のメーカーらしい使い勝手や品質ですので安心してお薦めできる商品となっています。

『2014年 ダートフリーク サイクル カタログ Vol.2』は12月20日(金)発売のバイシクルクラブに付録されますので是非お近くの書店でお買い求めください。

また、お近くのお近くのダートフリーク商品取扱ショップでもお買い求め頂けます。
ダートフリーク商品取扱いショップリスト
http://www.dirtfreak.co.jp/cycle/shop-list

【 IRC TIRE 取扱い開始 】

日本を代表する自転車タイヤメーカー『IRC TIRE』の取扱いを開始します。

IRC.jpg


「IRC TIRE」は日本国内で設計、開発、生産され独自の高い技術力で、より良い製品を提供できるメーカーです。
※一部商品は海外生産です。

弊社MTBチームである「DIRTFREAK/SARACEN」では、ダウンヒルタイヤのテストや商品開発のお手伝いをさせて頂いており、公私(?)共に強力なパートナーでもあります。

既に商品は入荷していますので、ドシドシご注文をお待ちしております。
2013-07-11T10-45-01_1.jpg


興味のある方はお近くの弊社商品取扱いショップまでお問い合わせください。


【新製品情報】DRCショックポンプ

今回は日本に特化した『DRC ショックポンプ』と『MTB用オプションメーター』のご紹介です。

マウンテンバイクのエア式サスペンション(フロント、リア)に空気を入れて調整するためのツールで大きく4つの特徴があります。

1,少ないポンピングでエアが入れられる。
ロングストローク化することで通常の半分の回数で空気が入ります。
2013-06-06T15-43-35_0.jpg
※画像は『DRC ショックポンプ』に『オプションメーター』を取り付けた状態です。



2,サスペンションに適したメーターの採用することで微調整ができる。(MTB用オプションメーター使用時)
メーターレンジを220psi(15bar)までとすることで針の動きが読み取りやすくなり、より細かい空気圧の調整を可能にしました。(市販の殆どのメーターは300psi(21bar)までのものが多く体重が軽い日本人には範囲が大き過ぎるため微調整が難しい場合がありました)
2013-06-06T15-43-35_1.jpg
『MTB用オプションメーター』




3,楽なポンピング姿勢
ホースの長さが250mmと長くすることで、どんな姿勢でも力が入れやすくなっています。
2013-06-06T17-09-13_0.jpg




4,交換式メーター
落下などのトラブルでメーターが壊れた場合でも最小限の出費で交換が出来るようになっています。
2013-06-06T17-16-18_0.jpg



価格は
『DRC ショックポンプ』 5250円(税込み)
『MTB用オプションメーター』 1260円(税込み)

となっております。



【雨対策は万全ですか?】

今週末に迫ってきたMTB Jシリーズ 富士見大会。と同時に沖縄・九州地方から近畿と東海地方にかけて梅雨入りとなり、週末の天気も怪しくなってきました。

と、言うことで『雨対策グッズ』のご紹介をさせていただきます。

まずは『MUDOFF(マッドオフ) FREEMAT
ユニバーサルマットパッケージ写真


こちらはモトクロスの世界では常識となりつつある”スポンジ”です。でもMUDOFFは普通のスポンジでは有りません。通常スポンジは水を含んで重くなりますが、これは低含水性でしかも高弾力性の高いスポンジをメーカーと共同開発し採用しています。

実際に使用した画像がこちらです。(モトクロスバイクの場合)

『MUDOFF未使用』
DSC_0122.jpg


『MUDOFF装着』(写真はフェンダーマットを使用)
DSC_0123.jpg

モトクロスバイクでの例ではありますが、装着の有り無しで30分走行後に23kgもの重量差が出たとのデータがあり、重い泥であればあるほど効果を発揮します。

装着するメリットとしては
・泥の付着を極力無くすことで体力の消耗を極力抑えられる。
・フレームの保護に役立つ。

デメリットとしては
・水っぽい泥の場合は重量増加の恐れがある。
・フレームがスポンジで隠れてしまう。
といったところでしょうか。
MUDOFF』では他にも泥対策グッズを取り揃えておりますので是非ホームページをご覧ください。



次にお勧めするのが『FOX CRUISE RAIN WEAR(フォックス クルーズ レインウェア)
こちらはMTBダウンヒルの安達靖選手(DIRTFREAK/SARACEN)や清水一輝選手(AKIFACTORY)も実戦で使用するレインウェアで、防水性が高いのは勿論のこと、ウエストや裾口が絞れ走行時のバタツキを極力抑える工夫がされています。
FOX_RAIN_RED_POCKET.jpg

ウエストアジャスター
FOX_RAIN_RED_WEIST.jpg


裾口アジャスター(足首部分)
FOX_RAIN_PANTS_BOTTOM.jpg

カラーも写真のレッドブルーブラックイエローと取り揃えています。



最後にマッドレース走行後に活躍する『アクアカーゴ ポータブルウォッシャー』のご紹介です。
水タンク一体式(約15L)で電源は12Vのシガーライターから取りますので、水道が無かったり、コンセントが無くても(車は必要ですが)手軽に洗車が可能です。決して高圧ではありませんので乾燥した泥を落とすにはブラシなどとの併用となりますが、走行直後であれば綺麗に洗車できます。
aq_d15.jpg


この動画は横浜市の『サイクラリー喜輪』遠藤さんが今年の緑山J2の会場で実際に使用するのを撮影していただいたものです。

MOVIE:サイクラリー喜輪 遠藤さん

洗い方にもよりますが自転車であれば1タンクあたり2~3台洗えると思います。これでヘトヘトに疲れた体で洗車の列に並ぶ必要もありませんね。
一家に一台、チームに一台如何でしょうか?

以上、ダートフリークが誇る雨対策グッズでした!
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。